輸出入関連サービス

このような課題・問題を解決します

サービスの内容とメリット

ニーズに合わせたサービス

 東京・横浜港を中心に、国内外の海上コンテナ輸送で発生する陸送(ドレージ)業務及び港湾内での作業をサポート。専用の海上コンテナ用トレーラを多数ご用意し、お客様のご指定日時に合わせた集貨/配達を実現しています。
 一般的な工程での輸出入に加え、他社が敬遠しがちな不定期・小ロット・部分作業にも対応可能です。また、消防への許可申請が必要な危険物コンテナの取り扱いも行っております。

ネットワークを活用した配送

 当社物流センターや営業拠点の一時保管機能を利用し、通過形の配送をサポートしています。輸入コンテナのドレージからデバンニング作業・流通加工・店舗への配送(小口配送)まで、一連の作業を一括してお取扱いすることが可能です。。
 倉庫への長期保管が不要となるため、在庫及びコストの削減・リードタイム短縮などのメリットがあります。

ソフトもサポート

 輸出入の通関にかかわる各種書類作成の代行・通関手続き代行を行っております。
 また、船のブッキングやBLのコントロール・税関検査などにも対応。通関から輸送までをトータルに管理することで、効率化とコスト削減が可能となります。

 《代行メニュー》
  • 船のブッキング
  • ドレージ作業
  • 申告書類作成代行
  • Invoice/Packing Listの作成代行
  • Shipping Instructionsの作成代行
  • BLのコントロール
  • 税関検査対応

 工程の部分的な請負も行っております(例えば、SIのみ作成代行)。
 また、急な税関検査などの際でも、ネットワーク内の車輌を駆使して、可能な限り船のシフトを避け、船積み計画通りの輸送が行えるよう対応しています。


新しい流通経路へ

 当社では、メインポートとなる「茨城港常陸那珂地区」に港湾用地を取得。
 常磐・東北・関越自動車道と連絡する北関東自動車道の整備によって、起点となる常陸那珂地区から形成される道路ネットワークを利用した、既存の経路とは全く異なる新しい流通経路の模索を始めています。

作業の実績

輸入品の店舗配送

 輸入コンテナを当社物流センターにドレージ後、検品・仕分けを行って店舗に配送します。店舗配送には、宅配サービスを利用することも可能です。
 このサービスでは、備蓄を一切行いません。店舗数が多く(または、店舗でストック可能な数量が多く)、コンテナ内の全商品を店舗に撒布可能なケースでは、有効なサービスです。